弁護士費用

賠償金が増額できなければ一切費用はいただきません

当事務所では、賠償金が増額しない限り費用は一切いただかないシステムを採用しています。お支払いも賠償金が増額してからの完全後払い制となっておりますのでご安心ください。

相談料・着手金無料!お客様が損をすることはありません

また、相談料・着手金も無料とさせていただいております。つまり、弁護士に依頼することでお客様が損をすることはありません。交通事故で適正な賠償金を獲得するには弁護士の力が不可欠ですので、どんなお悩みでもお気軽にご相談いただければと思います。

弁護士費用特約があれば保険会社が弁護士費用を支払ってくれます

さらに、お客様が弁護士費用特約にご加入の場合は、上限300万円までの弁護士費用は保険会社が負担してくれます。弁護士費用が300万円を超えることはまずありませんので、ほとんどのケースにおいてお客様の負担なしで弁護士をご利用することが可能です。

弁護士費用特約はご自身のご加入の他にも、同居の家族が加入していれば使えるケースもあります。また、自動車保険以外にも、火災保険などについている場合もございますので、一度ご自身の加入状況を確認していただくことをおすすめいたします。

弁護士費用

弁護士費用特約がない場合

相談料 無料
着手金 無料
弁護士報酬 15万円+回収額の10~20%(税・実費別)

弁護士費用特約がある場合

弁護士費用特約がある場合、弁護士費用はすべて保険会社が立て替えてくれます(ただし300万円の上限あり)。ご自身が特約に加入されていないか、必ずご確認ください。

相談料 1時間までを1万円とし、以降は超過15分までごとに2500円とする
着手金 見込み額が125万円以下の場合 10万円
見込み額が125万円を超えて300万円以下の場合 経済的利益の8%
見込み額が300万円を超えて3,000万円以下の場合 経済的利益の5%+9万円
見込み額が3,000万円を超えて3億円以下の場合 経済的利益の3%+69万円
見込み額が3億円を超える場合 経済的利益の2%+369万円
報酬金 経済的利益の額が300万円以下の場合 経済的利益の16%
経済的利益の額が300万円を超えて3,000万円以下の場合 経済的利益の10%+18万円
経済的利益の額が3,000万円を超えて3億円以下の場合 経済的利益の6%+138万円
経済的利益の額が3億円を超える場合 経済的利益の4%+738万円


※その他細かい条件についてはLAC基準に従うこととします。別途、保険会社の支払い規定による場合もあり。

町田神永法律事務所に無料相談する
0120-130-765
平日 8:00 ~ 22:00 土日 8:00 ~ 22:00
メールでの相談はこちら
トップページへ