保険会社の対応に納得いかない場合は今すぐご連絡ください

事故後に相手側保険会社から連絡を受けた被害者は、相手の事務的な態度や納得のいかない賠償金額に強い不満を覚えることがあります。しかし、相手はプロですから、感情的に反論しても通用はしません。こういう場合では、弁護士に依頼して専門的な対処を行うことが大事です。
ここでは、保険会社の対応に納得いかない方に向け、どう対応すべきかを詳しく説明したいと思います。

相手側保険会社は被害者の味方ではない

まず、皆様にお伝えしなければならないのは、保険会社は被害者の味方ではないということです。

被害者の心情としては、配慮ある言葉や誠意ある対応を期待するものです。
しかし、保険会社は加害者の立場に立っているため、治療費の支払いや賠償金の手続きに至るまで、被害者が期待する親身な対応とは違った対応をしてくることがあります。

例えば、次のようなことは当事務所に多く寄せられる相談です。

  • 治療費を突然打ち切られた
  • 示談金が明らかに低くとも増額に応じてくれない
  • 事務的な対応しかとってくれない

そもそも、相手保険会社は被害者の心情や生活に必ずしも配慮する必要はありません。ですので、被害者の方は保険会社の対応にどうしても不誠実さを感じ、不満やストレスを抱きやすいのです。

弁護士に依頼すればすべて代理してくれるので安心感を得られる

もし弁護士に依頼すれば、保険会社との対応を全て代理で行ってくれるので、被害者としては大きな安心感を得ることができます。

例えば、治療中に保険会社とのやりとりがあると、どうしても治療に集中できなくなってしまう方もいらっしゃいます。
しかし、通院中に一番に専念すべきことは怪我の治療です。弁護士に保険会社の対応を任せるだけでもストレスや負担が軽減され、皆様には治療に専念していただくこともできます。
当事務所では、通院中には保険会社にこちらの状況をきちんと説明し、被害者の治療期間を確保できるよう徹底しています。

また、示談交渉を行うにしても、弁護士がついたほうが安心感は大きいです。
被害者の方は交通事故を初めて経験した人がほとんどでしょうから、示談をどう進めればいいかわからず不安になっているかと思います。そこで弁護士に依頼すれば、皆様の代わりとなって示談を有利に進めることもできますし、わからないことがあれば適時アドバイスを送っていますので、安心して示談交渉に臨むことができます。

保険会社の動き方を知っていれば交渉を有利に進めることも可能

弁護士に依頼すれば保険会社の対応をすべて任せられるので、精神的に非常に楽になります。これだけでもメリットを感じている方もいらっしゃるかと思いますが、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉を有利に運ぶことも可能です。
特に、保険会社の動き方を知っている弁護士であれば、交渉を有利に運びやすいです。

当職は、以前保険会社の顧問をしていた事務所に勤務していたため、相手側保険会社がどのように出てくるかがわかります。そのため、保険会社が意見を飲んでくれるやり方で交渉を進めているため、交渉を有利に運ぶことが可能です。

保険会社の対応にお困りの方は今すぐ当事務所にご連絡ください

被害者が交渉する相手は、年間100~200件ほどの示談を取り扱っている保険のプロですから、交渉に困難が伴うことが考えられます。さらに、被害者が交通事故の示談について調べたり、保険会社に対応しながら治療継続したりすることは簡単ではありません。

被害者には治療に専念してほしいという思いから「保険会社との交渉についてはすべて任せてください」という姿勢で相談をお受けしています。情報提供と示談の受任により、被害者の不安な思いを少しでも取り除ければ幸いです。

町田神永法律事務所に無料相談する
0120-130-765
平日 8:00 ~ 22:00 土日 8:00 ~ 22:00
メールでの相談はこちら
トップページへ