町田・相模原の交通事故に強い弁護士事務所

交通事故の賠償金は弁護士の力で増額できます!

町田駅徒歩7分

年間受任件数100件超 相談料・着手金無料 安心の完全後払い

神永法律事務所が選ばれる3つの理由

  • 保険会社の
    顧問経験を活かし示談交渉を
    有利に展開
  • 交通事故に
    精通した整形外科を
    リストアップ
  • 弁護士直通の
    ホットラインでいつでも
    気軽に相談可能

弁護士の力で賠償金は増額できる!

交通事故から一定期間が経つと保険会社から賠償金が支払われますが、
弁護士の介入によって賠償金はほぼ確実に増額可能です。

これはむち打ちの後遺障害で12級の等級を獲得された方の事例です。当初保険会社の提示額は150万円。そして当職が介入した結果の賠償金は900万円。その差額は750万円にもなります。
ここまで増額できることに驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、弁護士を利用すればこのような増額は決して珍しいものではありません。むしろ、弁護士を利用すれば、賠償金を増額できる可能性は極めて高いです。

では、なぜ弁護士の介入によって賠償金は変わるのでしょうか? ここからは交通事故の賠償金が増額できる仕組みを説明したいと思います。

保険会社から提示される示談金は適正相場よりも低い

そもそも、保険会社が提示してくる示談金は、賠償金の相場の中では低い部類にあたります。
賠償金には、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準と3つの相場があり、同じ賠償金と言えども基準によっては金額が異なります。そして、保険会社が提示してくる示談金の多くは、自賠責基準または保険会社基準で算出されていることがほとんどで、最高相場の裁判所基準とは倍以上の差があることも珍しくありません。すなわち、もともとの金額が低いがために、弁護士の交渉によって大きな増額が可能となるのです。

弁護士は示談交渉を優位に展開可能

また、弁護士は交渉のプロであるため、示談交渉を優位に進めることができます。
保険会社に裁判所基準での支払いを認めさせるためには、こちらの主張が妥当であることを筋道立てて説明しなければなりません。それには交通事故の専門知識もさることながら、保険や医学の知識が必要となることもあります。我々弁護士は、こうした知識や過去の判例をうまく盛り込みながら、増額の妥当性を論立てて説明しているのです。

たとえ交渉がもつれても裁判の場で争える

さらに、弁護士であれば、たとえ交渉がもつれたとしても裁判で争うことも可能です。もし保険会社の示談金が低ければ裁判でこちら側の主張が認められる可能性は極めて高く、被害者にとって有利な条件の判決が出ることがほとんどです。ですので、大きな争点がない限り裁判まで発展することはあまりありません。なぜなら、裁判では裁判所基準での賠償金が認められることがほとんどのため、保険会社とすれば裁判で争うメリットがほとんどないからです。

示談書にサインをする前に一度ご相談ください

交通事故の賠償問題にはこうした事実があるからこそ、みなさまには、示談書にサインをする前にぜひ一度当事務所にご相談していただきたいと思っております。弁護士であれば示談金が適正かどうかすぐに判断することもできますし、どれぐらい増額可能か、簡単な見積もりを出すことも可能です。知らず知らずのうちに損をしてしまわないよう、交通事故被害にあったら一度当事務所までご相談ください。

交通事故に強い弁護士を選ぶことが大切

交通事故の賠償金は弁護士の介入によって増額できると述べましたが、どの弁護士に頼んでも同じように増額するわけではありません。賠償金は弁護士の力量によって大きく変わります。

まず、交通事故に関する司法試験の出題割合は少ないため、ほとんどの弁護士が実務の中で知識を身につけることになります。しかも、交通事故の解決までに必要となる知識は専門的なものが多く、保険に関する知識や医学的な知識といった法律以外の知識も必要となります。そのため、経験豊富な弁護士とそうでない弁護士とでは知識やノウハウに大きな差が生まれ、結果として得られる賠償金にも大きな生じてしまうのです。

さらに、弁護士によっては適正金額の7〜8割で示談してしまう場合もあります。おそらく解決スピードを意識した対応なのでしょうが、賠償金は数百万円といった金額になっているため、1割違えば数十万円もの違いとなってしまいます。これでは適正価格の8割でも納得できない方も中にはいらっしゃるでしょう。当事務所の方針は依頼者が望む限り適正価格の10割を目指して徹底的に交渉することです。そのためには訴訟も厭いません。もちろん訴訟まで望んでいない方には示談の中でできる最大限の賠償金獲得を目指して行っていますのでご安心ください。

また、当職には保険会社の顧問事務所で勤務していた経験があります。そのため、保険会社が示談をどのように進めているのか熟知しており、様々な状況に合わせて有利に示談交渉を進めやすいという強みを持っています。

このように、賠償金は弁護士の経験や方針によって大きく変わってしまいます。そのため、どの弁護士に依頼するかは、交通事故被害者、そしてそのご家族にとっては大変重要なことなのです。

相談は早いほどサポートできる幅が広がる

いざ弁護士に依頼しようと思っても、どのタイミングで弁護士に依頼すれば迷われる方がいらっしゃいます。結論から言うと、弁護士に依頼するタイミングは早ければ早いほど良いです。なぜなら、相談は早いほど弁護士のサポートできる範囲も広がり、結果として満足のいく解決となる可能性が高くなるからです。

最もベストなタイミングは事故直後から相談していただくことです。そうすれば、賠償金の増額や、適正な等級認定に向けた通院指導を行うことができますし、何よりも、保険会社への対応をすべて任せていただくことで、皆様にはストレスなく治療に専念していただくことができます。治療費の打ち切り、示談の開始など、相談のきっかけとなるタイミングは様々ありますが、相談は早いほどメリットは大きいですので、できるだけお早めにご相談いただくことをおすすめいたします。

交通事故でお困りの方はお早めにご相談ください

一般的に弁護士は敷居が高いというイメージを持たれますが、当事務所はそのようなことは一切ございません。交通事故に関するお悩みであればどんな内容でも一通りお話を伺いますので、些細なことでもお気軽にご相談いただければと思います。また、当事務所では、近隣エリアで交通事故の治療に力を入れている整形外科をリストアップしておりますので、ご希望があればそうした医療機関をご紹介することも可能です。現在の治療に不満がある、等級認定を見据えた治療を行いたいなどといった場合はご相談いただけばと思います。
弁護士にご相談いただければ、賠償金は増額できる可能性は極めて高いです。何より今抱えていらっしゃる不安やストレスも大きく軽減できます。当事務所が被害者の皆様を最後までしっかりとサポートすることをお約束いたしますので、交通事故被害にお困りの方は今すぐご連絡ください。

町田神永法律事務所の弁護士費用は、安心の「完全後払い」です。

  • 増額した分からのみ費用をいただくシステム
  • 増額しない限り依頼者の負担は0円

さらに相談料無料着手金無料

つまり弁護士費用でお客様が損をすることはありません。

弁護士費用特約があれば実質負担がなくなります

さらに、お客様の自動車保険で「弁護士費用特約」に加入していれば、弁護士費用は全額保険会社が負担してくれます(ただし300万円の上限あり)。弁護士費用のお客様負担が実質0円になる制度です。

加入していれば使わないことは逆に損となります。必ず加入の有無をご確認ください。この制度は、同居のご家族が加入していても使える場合があります。一度ご加入の保険について確認してみることをおすすめいたします。

町田・相模原エリアの交通事故問題は当事務所にご相談ください

年間受任件数100件超の当事務所にお任せ下さい

突然の交通事故被害に遭われ、被害者の皆様は大変なご苦労をされていると思います。 当事務所は、数ある町田・相模原エリアの法律事務所の中でも特に交通事故事件に注力している事務所です。平成28年度の受任件数は100件超。多くの弁護士は年に数件受任する程度ですから、当事務所がどれだけ交通事故に注力していかわかっていただけるかと思います。

また、当事務所独自の取り組みとして、町田・相模原周辺エリアで交通事故傷害に強い整形外科のリストアップを行なっています。ご希望があれば紹介していますので、自宅や職場の近くで専門性の高い医師から治療してもらうことが可能です

交通事故問題で抱えているストレスを解消します

これまで述べてきたように、交通事故問題を弁護士に依頼する最大のメリットは賠償金を増額できることです。ただし、今抱えていらっしゃる不安やストレスから解放されることも大きなメリットなのではないかと私は思います。

大抵の方は交通事故被害に初めて遭われ、様々な不安を抱えていらっしゃいます。そこで当事務所では、不安があればいつでも弁護士と相談できるよう、弁護士直通の専用ダイアルを設けています。受任後も不安はつきないものです。特に通院の最中には様々な疑問が湧いてくるかと思います。そのような時は遠慮なくご相談ください。お力になれることがあれば丁寧にアドバイスさせていただきます。「先生に相談して楽になった」。かつていただいたこのお言葉をまたいただけるよう、これからも依頼者第一の対応を続けていきたいと思います。

些細なことでもお気軽にご相談ください

最後になりますが、町田・相模原の交通事故問題は当事務所にご相談ください。交通事故被害に遭うと、怪我の治療や入通院、さらには保険会社とのやりとりなど、大きな負担が強いられます。弁護士に相談するだけでも、それらの負担からくる精神的ストレスは軽減できますし、なにより弁護士は適正な賠償金獲得のために皆様の味方となってサポートが可能です。交通事故被害者、そしてそのご家族を交通事故問題から救済するため、全力でサポートすることをお約束いたしますので、交通事故にお困りの際は今すぐ当事務所にご相談ください。

症状別の解決実績

弁護士は何をサポートしてくれるのか?

  1. 1交通事故発生〜治療開始前

    ポイント

    今後の見通しについて説明してもらえる

    当事務所では事件解決までの見通しを丁寧に説明することを心がけています。どれぐらい通院が必要なのか、いつ頃解決しそうなのか、賠償金はどれぐらいになりそうかなど、皆様が不安に思われる点は特に丁寧に説明しています。その他のご不明点についてもなんでも相談可能ですので、交通事故に遭われたらお気軽にご連絡ください。

  2. 2治療開始〜治療中

    ポイント

    等級認定や賠償金の増額に通じる通院指導をしてもらえる

    適正な等級認定、または賠償金の獲得には、どのように通院をするかがとても重要です。治療中からご相談いただければ、皆様に正しい通院方法を指導することができます。場合によっては依頼者と病院に同行し、医師とコミュニケーションをとりながら通院サポートを行っています。

  3. 3治療費の打ち切り

    ポイント

    不当な打ち切りには支給を延長するよう請求してもらえる

    治療開始から一定期間が立つと、保険会社に治療費の打ち切りを宣告されることがあります。しかし、医師が症状固定と判断していなければ治療をやめるべきではありません。あまりにも悪質な打ち切り宣告の場合には治療費の延長を保険会社に請求します。

  4. 4症状固定

    ポイント

    適正な後遺障害等級認定に向けサポートしてもらえる

    後遺障害となる症状が残存した場合は後遺障害等級認定の申請を行います。当事務所では適正な等級認定のために医師との密なコミュニケーションをとり、認定に有利となる後遺障害診断書の作成に力を入れています。等級に納得いかない場合は異議申し立ても積極的に行なっています。

  5. 5示談開始

    ポイント

    不当に低い示談金を最大限増額してもらえる

    適正な賠償金が支払われるよう、保険会社との交渉は全力で行なっております。保険会社が初めから適正金額を提示してくることはほとんどありません。適正な賠償金を受け取るためには弁護士のサポートが必要となりますので、示談書にサインをしてしまう前に必ず弁護士にご相談ください。

  6. 6裁判

    ポイント

    賠償金の最大化に向けて徹底的に争ってもらえる

    賠償金について交渉がまとまらなかった場合には裁判で争うことになります。当事務所ではこれまでの交通事故裁判で培ってきたノウハウを活かしながら、裁判を有利に進めるサポートを行なっています。最終的には依頼者の皆様の賠償金を最大化することを目指します。

事務所概要

弁護士
神永矩誠
所属団体
東京弁護士会
登録番号
No.45146
電話番号
0120-130-765
所在地
東京都町田市森野1-35-7 T・町田ビル3階C室
営業時間
平日 8:00 ~ 22:00 土日 8:00 ~ 22:00
町田神永法律事務所に無料相談する
0120-130-765
平日 8:00 ~ 22:00 土日 8:00 ~ 22:00
メールでの相談はこちら
トップページへ